アニマルクリニックおかもと

ペットを専門とする動物病院です

TEL.011-699-2129

〒006-0852 北海道札幌市手稲区星置2条4丁目7番38号

2016年

クリスマスでペットが苦しまないように

クリスマスはいろいろ、ないしょでもらっちゃいます。

次の日、色々なトラブルで来院します。

下痢、嘔吐、などなど

場合によっては、生死をさまようことも

何かへんだったら、兎に角、動物病院へ

命にかかわることかかも知れないですので

りんごが命取りになることも

りんごが凶器に変わることがあります。

実際にあった事です

飼い主さんがリンゴを食べていて、落としてしまった。

下でミニダックスが食べているところを見ていた。目の前にリンゴが落ちてきた。

これ幸いと、くわえて逃げた。

採り上げられる前に、かまずに呑んでしまった。

そこから、そのワンちゃんの苦悩が始まる。

食道と胃の入口の所にぴったりとはまってしまった。

内視鏡 食道内のりんご 内視鏡画像

レントゲン バリウム造影で食道から先にバリウムが流れていない。何かつまっているレントゲン写真

 

そのため、唾液は本来飲み込んで胃に入るはずだが、食道内に溜まっていく。

その内、吐いてしまう。この嘔吐を何時間も続けていた。午前中に飲み込んで夕方までに6回吐いた。

食道内では、リンゴは消化されることもなくそのまま居続ける。

ワンちゃんが段々ぐったりしてきて、来院。

次の日まで様子見てたら、死んでいたかも。

レントゲンではリンゴは写らないがバリウムを飲ませて、詰まっているのを確認。
とにかく早く取り除かないといけないので緊急処置。

内視鏡でリンゴを取り除く処置をすることに。

ただ、リンゴは崩れやすいので取り除くにはこつがいる。

無事、リンゴを取り除いて、本人はすっきりした様子。

たかがりんごとたかをくくっていると、大変なことになります。

 

やっぱりプードルが好き

s-DSCN5281
わたしがトイプードルにはじめて接したのは・・・
 
それまで、お高くとまった、お金のかかる犬種
と思ってました。
 
わたしのおくさんと出会い、自分のスキルを研くためにトリミングを学ぶと言うことで、とあるペットショップで、練習台のためのトイプードルを飼うことにしました。
 
そこから・・・トイプードルの魅力にはまってしまいました。
こう書くと、かみさんの魅力は・・・と聞かれますが、そこはノーコメント。
 
それ以来、もともと、ワイヤーフォックスでリアの繁殖、うえるしゅコギーの繁殖にも手を出しておりましたので、当然、トイプードルも繁殖しはじめました。
 
そのなかで、「私を売らないで」という目線で見つめる雄のトイプードルが出てきました。
しゃーないな・・・うちに残りなさい・・ということで、
うちの主力の繁殖種オスになり、トイプードルブリーダーとして、成立させていただいています。
 
この、目力がすごかった。  いまだに彼を越える犬には出合ってません。 彼の子供は20以上います。
 
最近は、繁殖主力犬がいないので、今後、新しい血をいれなきゃいけないのですが、すぐにはなかなか、きまらない。
 
繁殖始めたのは、ショップで購入して、トラブルが多かったため、すこしでも、問題のない犬を提供したい、新たに迎えた家族だから、苦しむ姿を見せたくないという思いもあり、利益度返しではじめてます。
いまは、悪徳ブリーダーはかなり駆逐されました。
ないわけではないです。
その辺りは、直接じゃないとお話しできない。
 
ぜひ、新たに子犬を迎えるときには、御相談いただきたいです。
 
もう自分が年だから、先に逝っちゃうかも知れないから飼いたいけど飼えないという方、是非、御相談下さい。きっと、お力になれます。
#トイプードル #モフモフ #癒やし #愛犬

連休中の注意

連休中の注意。
ついつい色々与えて仕舞いがち。
串の肉だけ与えるつもりが、竹串ごと飲み込んじゃったり、鳥の骨を食べたり、普段もらわないものをもらって下痢したり。
休んでいる動物病院も少なくないので、御注意を。
札幌の場合は、夜の急患は札幌夜間動物病院が年中無休で診療していますので、そちらにかかることが出来ます。
かかりつけの動物病院の診療日と時間を再確認しましょう。
s-DSCN5280

ペットが不安なとき

ジルケーン

ペットが不安な時ってどんなとき?

かみなり  除雪の音  屋根の雪が滑る音  花火

普段聞き慣れない音がするときだったり、体調不良で起きているときもあります。

新しい動物が増えたけど、関係がうまくいかないときなど

チェックリストを見てください

そんなときに、つかえるサプリメントがあります。

詳しくはお尋ねください

ジルケーン ジルケーンimg20160414_0004

猫もフィラリア予防が大事

フィラリアって何?

心臓内寄生虫です

犬に寄生するのがふつうですが、猫や人にも感染します。

駆虫薬で簡単に落とすわけにいきません。

お腹の虫ならうんちといっしょに出てきますが、心臓内だと死骸が血管内に詰まってしまいます。

小さな身体であれば、心臓内に一匹でも居ると、心機能不全を起こしかねません。

20160308zoetis_poster1

20160308zoetis_poster3catfiraria

感染例が報告されていますが、これは、氷山の一角

海獣の感染が問題になっており、そこから猫へ感染するケースがあります。

当院の地域では、予防は必要だと考えております。

飲み薬だとなかなか難しい場合、背中に垂らすスポットオンタイプもあります。

まずは御相談下さい

健康診断は必要

健康診断受けてますか?

わんにゃんドック検診・・などの名称で行っております。

麻酔かけて内視鏡までするというものや

麻酔せずに済む範囲の検査をすべてやるなど

検診する側は何故か、「なんか見つけて早期発見を」と思っちゃうんだけど、何にも見つからないがいいに決まってる。

冬は比較的病院がすいている。診察をすぐに受けられやすいというメリットがある時期。

春に向けて健康診断受けましょう

特に、8才を超えた動物は高齢期に入っていく、いろいろな兆候を早めに見つけられる時期です。

早期発見早期治療が、重要です

DSCN4040

大袋のペットフードは危険かもしれません

当院で、何度も経験している症例です。

大きな袋のフードのほうが、小袋よりも割安になります。

二週間くらいで食べきれる袋サイズがベストです。

なぜか・・・・

ドライフードは、酸化しますし、環境によっては、カビが生えます。

このカビが、カビ毒をつくり、肝臓疾患を招くケースを何度も経験しております。

カビの種類によっては発癌性がある物もあります。

大袋を購入した場合、二週間で食べきれる量に分けて、脱酸素剤をいれて、冷蔵保存をすれば良いのですが、そのコストは、小袋を購入するよりも高いのです。

定期検査で、体調が悪くなる前に見つかるといいのですが、そうじゃない場合は、体調を崩して来院します。既にかなり悪くなっていて、残念ながら、助からない動物も出ております。

普段食べるもの、気をつける必要があります。