アニマルクリニックおかもと

ペットを専門とする動物病院です

TEL.011-699-2129

〒006-0852 北海道札幌市手稲区星置2条4丁目7番38号

10月

独りと一匹暮らし・・入院することになった・・・

一人暮らしの飼い主さんが、長期入院することになりました。

飼っている愛犬をどうしようと困ってました。

ペットショップでは、なかなか、長期預かりが難しかったりします。

また、一泊、3000円から5000円となると、1ヶ月の入院ではかなりの額になってしまいます。

金銭的な余裕もそんなにないし・・・・

交渉次第で減額も有り得るかもしれません。

どうするか

ひとつに、友人で預かってくれる方を捜す。動物好きじゃないと無理です。躾がされていて、従順で無ければ与ってもらえないです。

つぎに、飼ってくれるボランティアをさがす。動物愛護団体によっては、ありえるかも。まずは、問い合わせてみましょう。

最後は、譲り渡すということで、貰い手を探す。

情報はどこから?

かかりつけの動物病院に相談する、近くのペットショップで相談する、市の動物管理センターにといあわせて愛護団体を教えてもらうことも可能です。

ネットでさがすのもひとつですが、すべてが良心的とは限りませんので、情報収集が重要です。

s-DSCN5281

キノコのシーズンですね

公園の芝生にキノコが生えてたりします。
お散歩中に、ワンちゃんが食べちゃったりします。

絶対に食べさせちゃダメ。

当院で、近隣の公園でキノコを食べたワンちゃんが、ひどい肝機能不全を起こしました。
飼い主さんには、助けられないかもしれないと宣告。

入院点滴で、強肝剤をつかい、利尿を図り、毒素を排泄。
何とか一命をとりとめることができました。

原因がキノコとすぐにわかったわけではありません。お散歩とか、いろいろ、お話を聞いて、たどり着いたのでした。ワンちゃんはとてもおいしそうに食べてたそうです。毒があれば犬は食べないと飼い主さんは思っていたそうです。

その数日後、同じところをお散歩していたワンちゃんが同じ状態で来院。
原因は同じでした。

公園管理者に言うのがいいんでしょうけど、それだけではだめ。飼い主さんたちに、知ってもらわねば。
怪しいのも、怪しくないのもキノコは品種を自信をもって特定できないものは食べちゃダメです。
どうしても食べたいときは、生えているところの写真を撮って、現物をもって、近くの保健所に行きましょう。
食べれるかどうか教えてもらえます。

秋の味覚ですが、とても怖いものもありますのでご注意を。

散歩中に広い食いはさせないで。 悪意を持った何者かが、毒を仕込んだものをばらまいてる可能性もあります。そんなことないと思っていましたが、市内で、そうゆう事態が起きたこともあります。

お気を付けください。