アニマルクリニックおかもと

ペットを専門とする動物病院です

TEL.011-699-2129

〒006-0852 北海道札幌市手稲区星置2条4丁目7番38号

04月

ワクチンは午前中に接種すべき

シェア

さて、なぜでしょう

答えは

ワクチンの副反応が起きても、午前中に接種していれば午後の診察中に診察が可能。もし、午後に接種した場合、副反応が出る時間は真夜中になります。

これを避けるため、午後も診察している日の、午前中に接種することをお勧めしております。

午後休診日の場合は、午後診察している病院にかかることをお勧めしてますが、診察料、治療費が発生します。

当院では、治療費はかからず、診療させていただいてます。

また、予め予約して戴いてますので、体重、体温、体調の具合をみて、それではじめて、接種いたします。
少しでも体調が悪い様子がある場合は、接種を見合わせます。理由は副反応が出る可能性が高くなるからです。

様々な角度から、接種可能と判断していても副反応が出ることがあります。その場合は速やかに対処させて戴きます。

病気を予防するためのワクチンで、命を落とすことのないように、最善を目指しております。

ワクチンの副反応が恐いからワクチンをしない。それもありです。

しかし、伝染病の方が遙かに恐い。予防ができるもので死なせてしまうことほど愚かなことは無いと思っています。家族ですから。

北海道札幌市手稲区星置2条4丁目7番38号

アニマルクリニックおかもと

シェア

犬狂犬病予防

シェア

犬の狂犬病予防の時期になりました。

法律で4月1日から6月30日までに接種することになっております。

罰則もありますので要注意です。

狂犬病が何故、強制的に接種義務があるのか、それは、発病すると死に至るからです。
日本は清浄国になっていますが、かつては存在していました。現在、日本の周りの国々では狂犬病が猛威をふるっております。

自治体毎に接種日がきまっているところが多いと思います。

札幌市内では、集合注射は行われておらず、動物病院にて接種することが出来ます。

お近くの動物病院にお訪ねください。

アニマルクリニックおかもと

北海道札幌市手稲区星置2条4丁目7番38号

011-699-2129

シェア

ペット イヌ ネコのダニ予防

シェア

ダニは、刺されるだけではなく、病気を媒介することがあるので怖いのです。

草むらで、枝葉の先で、動物が来るのを待っています。

予防には、飲み薬、皮膚滴下薬など、状況に合わせて選ぶことが出来ます。

キャンプで感染する事が多かったんですが、最近は住宅街での感染も見られるようになっております。

詳しくは動物病院でお尋ねください

アニマルクリニックおかもと

北海道札幌市手稲区星置2条4丁目7番38号

011-699-2129

シェア

その症状認知症かも

シェア

こんな、症状ないですか?

がんこになる

徘徊する

大きな声で鳴く

 

こんな症状がで始めたら、認知症かもしれません。

現在の治療では完治させることは難しい。

 

問題点

真夜中に徘徊、夜鳴きをする。そのため、家族は寝不足になる。

 

治す治療は難しいですが、面倒をみている家族が、介護しやすくするための、精神安定剤、睡眠導入剤などがもちいられます。

お悩みの場合、近くの動物病院、かかりつけに相談してみてください。

きっと解決方法が見つかります。

シェア