アニマルクリニックおかもと

ペットを専門とする動物病院です

TEL.011-699-2129

〒006-0852 北海道札幌市手稲区星置2条4丁目7番38号

02月

トイプードルの抜け毛

 

シェア

トイプードルは毛が抜けないといわれている。

毛代わりがないと書かれている本もある。

しかし、ちゃんと換毛している。

なぜなら、週に二度ブラッシングしているが、毎回、毛がとれる。

ただ、落ちにくいだけではないか。

小さな毛玉になって、引っ張られるまで取れない。

IMG_1309poodle抜毛 IMG_1306poodle抜毛 IMG_1305poodle抜毛

 

シェア

家族に赤ちゃんが産まれたときの注意点

シェア

赤ちゃんが生まれたときには、動物は後回しになりがちです。
その場合、大好きな飼い主さんが振り向いてくれず動物にはストレスになります。
この時は、そのままではよくありません。

赤ちゃんがいるから自分は相手にされないと動物は感じます。

赤ちゃんイコール悪いものになります。
これを避けるために、そばに赤ちゃんがいるときは、先ず動物に先に声を掛け、撫でてあげ、いつも以上にオーバーに接することで、赤ちゃんイコールいいことが起こるというふうになります。

難しければ、近寄らせないということも必要ですが、動物がそばで見ている場合には注意が必要になります。

動物のふけ、毛が赤ちゃんに良くないから、動物を処分したという噺を聞くことがあります。

ちゃんと部屋を掃除すれば問題の無いこと。動物のヘアケアもちょっと気を遣えば問題ありません。

ぜひ、どうぶつ病院に相談してみてください。

トキソプラズマという病原体が、妊娠中のおかあさんに感染した場合、赤ちゃんに影響することがありますが、既に抗体を持っていれば、まったく問題ありません。妊娠が発覚して、親類縁者が動物を処分しろと言ってくる場合がありますが、まずは、ぜひ御相談ください。

人の高齢化がすすんでいる今、ペットが子供代わりだったり、お友達だったりしており、飼主さんとの結び付きも強いものになってます。

簡単に割り切れるものではありません。

シェア