アニマルクリニックおかもと

ペットを専門とする動物病院です

TEL.011-699-2129

〒006-0852 北海道札幌市手稲区星置2条4丁目7番38号

03月

災害に備えて

人の場合は三日間持ちこたえられるだけの食糧・水を確保することを求められています。

ペットの場合はどうでしょうか。おそらく、一番最後に救援物資が届くことになると思います。

1週間分を目途に用意しておくのが理想。

ドライフードなら、手を付けたら新しいのを購入しておく。お水はペットボトルで人用とプラスαで用意する。

缶詰フードも用意できれば良いと思います。

医薬品については難しいですが、持病がある場合にはこまめに診察を受けて、災害のことも考えながら用意しておく必要もあるかもしれません。とくに、すぐに命に関わる病気の場合。

近年の災害現場にて、獣医師会は1週間以内に災害対策に乗り出していることが殆どです。

広域の場合はどうしても時間がかかってしまいます。

これらのことも、少し、考えておく必要性を実感しております。

ペットフード(ドライフード)の保存について

最近、ドライフードの劣化による肝機能障害を診るようになりました。

少しでも安く購入したいと言うことで、大きな袋のフードを購入することにあります。

ドライフードも一見、腐らないように見えますが、含まれる脂が酸化して有害になります。

予防法としては1週間程度で使い切ることができるサイズの袋を購入すべきなのですが、やはり割高になります。

大袋を購入したときに、当院でお勧めしていることは

開封してすぐに小分けする。1週間で使い切る量に。そして、酸化の原因となる酸素を取り除く。

ジッパー付きビニール袋であればなるべく空気を抜く。

密閉して酸素に触れなくすることで酸化を防げますが不完全です。

次に、入っている酸素を吸着させる。酸素吸着剤というと難しく聞こえますが、携帯カイロで酸素を吸着して発熱するタイプのものを使用します。酸素がなくなれば発熱はしなくなります。

さらに、低温で保管。冷蔵庫保存が理想。

これだけ出来れば、酸化はかなり防ぐことができるはずです。

消費税がアップするから纏め買いをしたいところなのですが、もし、それで体調を崩し治療となると、消費税どころの出費では済まなくなります。

ハムスターの上顎の歯が大変なことに

ジャンガリアンハムスターの歯が、こんな事になるんです。

飼い主さんが気付いたのはこの診察の前日。

左の上顎の前歯がくるりと回ってます。この見えている歯は頬を突き抜けております。

切ると360度回ってました。

反対の歯は上顎に刺さり、鼻腔内に刺入していました。

下の歯は正常な長さ。

日頃から観察していただければ避けられるはずです。

歯の角度によっては歯先が脳にいくこともあり得ます。

ジャンガリアンハムスターの歯2010231_20140316DSCN4609

動物は大好きだけど、自分はもう年だから最期まで看取れないのでもう飼わない・・・

動物を最期まで看取った飼い主さんの多くが、言われる言葉。

自分が、もう、長生きできない病気になってしまい、今飼っている動物をどうしたらよいか

そんな相談も来るという団体と、最近、お話しをできるようになりました。

私自身の年齢で行くとまだ何とかなります。

わたしも、産まれて、現在まで、動物と生活していなかったのは半年だけ。大学を出て、就職したてで一人暮らししたばかりのときでした。

無償の愛とよく言われますが、それを一度味わってしまうと、やはり、わたしも死ぬときまで居て欲しい。

それを実現するため、それをできる組織を作る努力をこれから行うつもりです。

なにごとも、お金がかかる話なのですが、これまで構築してきた人脈をフルに活用して、作り上げたい。

あと何年かかるかわかりませんが全力を尽くして実現したい。

 

高齢の動物の追加ワクチン

もう年だから、ワクチンしなくてもいいかなぁという、問い合わせがあります。

私は、抵抗力があれば問題ないけど、高齢になると抵抗力も落ちている。

ワクチンをすることで救える、守れるならば、しておくべきという立場を取っています。

抵抗力、免疫力が簡単に測れれば良いのですけど。

ワクチンの場合も、打つことによるメリットと、デメリットを秤にかけて、どうするべきかを個別に選択して頂いてます。

もう年だから、死んでもいい・・・・

これをよんだ方はどう判断されますか

 

花粉症

花粉が飛びかい始めて、人々が苦しみ始める時期に、犬においても花粉症と思われる症状が出る動物が出てきました。

鼻水、涙目に加え、元々アレルギーを持っている動物の皮膚症状が悪化するなど。

怪しいなと思われる場合には、早めに受診してください。

人の場合も苦しいですが、動物も同じく苦しいのです。