アニマルクリニックおかもと

ペットを専門とする動物病院です

TEL.011-699-2129

〒006-0852 北海道札幌市手稲区星置2条4丁目7番38号

食事

ダイエットの専門家が居ます

当院にはペットのダイエットのスペシャリストがいます。

昨年、フードメーカーのダイエットのコンテストでトップに輝きました。

コンセプトは無理なくダイエットをこまめにお伝えすること。

特別な費用はかかりません。

場合によっては専門食が必要になります。

総合的に、健康にダイエットをしてもらって、結果を出しています。

まずは、ご相談下さい。

りんごが命取りになることも

りんごが凶器に変わることがあります。

実際にあった事です

飼い主さんがリンゴを食べていて、落としてしまった。

下でミニダックスが食べているところを見ていた。目の前にリンゴが落ちてきた。

これ幸いと、くわえて逃げた。

採り上げられる前に、かまずに呑んでしまった。

そこから、そのワンちゃんの苦悩が始まる。

食道と胃の入口の所にぴったりとはまってしまった。

内視鏡 食道内のりんご 内視鏡画像

レントゲン バリウム造影で食道から先にバリウムが流れていない。何かつまっているレントゲン写真

 

そのため、唾液は本来飲み込んで胃に入るはずだが、食道内に溜まっていく。

その内、吐いてしまう。この嘔吐を何時間も続けていた。午前中に飲み込んで夕方までに6回吐いた。

食道内では、リンゴは消化されることもなくそのまま居続ける。

ワンちゃんが段々ぐったりしてきて、来院。

次の日まで様子見てたら、死んでいたかも。

レントゲンではリンゴは写らないがバリウムを飲ませて、詰まっているのを確認。
とにかく早く取り除かないといけないので緊急処置。

内視鏡でリンゴを取り除く処置をすることに。

ただ、リンゴは崩れやすいので取り除くにはこつがいる。

無事、リンゴを取り除いて、本人はすっきりした様子。

たかがりんごとたかをくくっていると、大変なことになります。

 

キノコのシーズンですね

公園の芝生にキノコが生えてたりします。
お散歩中に、ワンちゃんが食べちゃったりします。

絶対に食べさせちゃダメ。

当院で、近隣の公園でキノコを食べたワンちゃんが、ひどい肝機能不全を起こしました。
飼い主さんには、助けられないかもしれないと宣告。

入院点滴で、強肝剤をつかい、利尿を図り、毒素を排泄。
何とか一命をとりとめることができました。

原因がキノコとすぐにわかったわけではありません。お散歩とか、いろいろ、お話を聞いて、たどり着いたのでした。ワンちゃんはとてもおいしそうに食べてたそうです。毒があれば犬は食べないと飼い主さんは思っていたそうです。

その数日後、同じところをお散歩していたワンちゃんが同じ状態で来院。
原因は同じでした。

公園管理者に言うのがいいんでしょうけど、それだけではだめ。飼い主さんたちに、知ってもらわねば。
怪しいのも、怪しくないのもキノコは品種を自信をもって特定できないものは食べちゃダメです。
どうしても食べたいときは、生えているところの写真を撮って、現物をもって、近くの保健所に行きましょう。
食べれるかどうか教えてもらえます。

秋の味覚ですが、とても怖いものもありますのでご注意を。

散歩中に広い食いはさせないで。 悪意を持った何者かが、毒を仕込んだものをばらまいてる可能性もあります。そんなことないと思っていましたが、市内で、そうゆう事態が起きたこともあります。

お気を付けください。

子犬の食事管理

シェア

子犬はショップにて、生後4ヶ月くらいの動物が販売されております。

場合によってはもう少し若い犬も。

犬の成長は生後6ヶ月くらいまで激しく成長しますが、成長が鈍ると、食欲が低下する時期があります。

この時期にはいると半分くらいしか食べなくなるのですが、心配症の飼い主さんはなんとか、今まで通りの量を食べさせようと、品をかえて与えてしまいます。

動物は、食べなければ次にはもっと美味しいものが出てくると学習してしまいます。

これにより、偏食になったり、フードは食べないがおやつは食べるという状況に。

おやつはあくまでおやつ。たくさん食べると弊害があります。

メインは総合栄養食で管理することが重要です。

動物病院に相談して下さい。

最適な栄養管理方法を指導してくれます。

少しでも長生きしてもらうためにも。

シェア

ペットフード(ドライフード)の保存について

最近、ドライフードの劣化による肝機能障害を診るようになりました。

少しでも安く購入したいと言うことで、大きな袋のフードを購入することにあります。

ドライフードも一見、腐らないように見えますが、含まれる脂が酸化して有害になります。

予防法としては1週間程度で使い切ることができるサイズの袋を購入すべきなのですが、やはり割高になります。

大袋を購入したときに、当院でお勧めしていることは

開封してすぐに小分けする。1週間で使い切る量に。そして、酸化の原因となる酸素を取り除く。

ジッパー付きビニール袋であればなるべく空気を抜く。

密閉して酸素に触れなくすることで酸化を防げますが不完全です。

次に、入っている酸素を吸着させる。酸素吸着剤というと難しく聞こえますが、携帯カイロで酸素を吸着して発熱するタイプのものを使用します。酸素がなくなれば発熱はしなくなります。

さらに、低温で保管。冷蔵庫保存が理想。

これだけ出来れば、酸化はかなり防ぐことができるはずです。

消費税がアップするから纏め買いをしたいところなのですが、もし、それで体調を崩し治療となると、消費税どころの出費では済まなくなります。

玉葱、ネギ類をなぜ、動物に与えてはいけないのか

ネギ類には、犬猫の赤血球を破裂させる物質が含まれております。

人の赤血球は破壊されないのですが、この物質、熱によっても不活化せず、煮ても焼いてもあぶないのです。

個体差も大きいのですが、摂取すると、赤血球が破壊されていることが検査で判明します。

命に関わることですので、試したりはしないで下さい。

犬の体脂肪率

犬用体脂肪計を導入しております。

これにより、今まで以上に正確に、理想体重を割り出せるようになりました。

動物の栄養管理にはとても便利です。

ペットフード会社が、肥満度測定のための、プログラムを提供してくれました。

こちらは、犬では4カ所の長さを測定、猫では6カ所の長さを測定して、肥満度を判定できます。

当院の患者さんには、混み合っていないときには無償で測定させて戴いております。