アニマルクリニックおかもと

ペットを専門とする動物病院です

TEL.011-699-2129

〒006-0852 北海道札幌市手稲区星置2条4丁目7番38号

美容

おうちでシャンプーするときの3つの注意点

シェア

IMG_9008

長毛種のシャンプー

おうちでやるときは、

一つ  シャンプー前に、ブラッシングして、もつれた毛をといておきます。 これをしないでシャンプーすると、もつれた毛が堅く絞まってしまいます。マットになってしまい、ドライヤーをかけて乾燥させるとき時間がかかりますし、毛玉の原因です。

二つ  シャンプー剤が目に入っても大丈夫なように、眼軟膏を用意しておきます。予め眼軟膏をさしておくことで、トラブルを予防できます。眼軟膏は動物病院で入手できます。

三つ  乾かすときのコツ。可能な限り、タオルなどで、水分を吸収させておきます。これにより、ドライヤーを充てる時間を短く出来ます。ドライヤーは、熱い風が目に当たると、目薬を差していても角膜に傷を付けてしまいます。

乾燥時、櫛、スリッカーなど、毛をとかす道具と合わせて使うことで、ドライヤーの空気が当たる面積を増やすことができて、乾燥が早くなります。

シャンプー剤については、使い慣れているものをつかうのがいいのですが、初めての場合は、皮膚ケアーを含めて、動物病院で皮膚にあったものを購入することが出来ます。
皮膚に合わないときは、フケが多くなったり、何かしらの症状が出ます。

症状出たときは、動物病院で看てもらいましょう。ほっておくと悪化することがあります。

トリミング・シャンプーはペットショップにお願いすると、それなりに費用がかかりますが、費用対効果としては、自分でやるよりはずっと良い場合が多いです。特に長毛種。短毛種はカットがないので洗うだけですから、費用対効果を考えたら自宅で十分出来るのかもしれません。

お風呂場で洗い、その後の乾燥のときに、大暴れしちゃうことがあります。そうなると、家中、水がふりまかれてしまうということも。

いろいろな事情に合わせて実施するのが良いでしょうね。

凶暴な動物の場合、鎮静して洗うことも可能ですが、これは、動物病院でしか、できません。

相談してみるのもよいと思います。

鎮静しないで、うまくコントロールできる技術者がいるショップもあるので、動物病院で紹介してもらえるかもしれません。

シェア

犬の肛門腺処置

犬の肛門腺処置

犬の肛門腺処置を動画にしました。

猫も同じです。

溜まりすぎて、化膿して破裂することもしばしばあります。

やりかたはコツがあるのでちょっと難しい。

液状の場合、飛んできますので、かならず紙を当てて下さい。

目に入ると、かなりひどい結膜炎を起こしてしまいます。

動物病院・ペット美容院などで処置してもらえます。

動物の美容 トイプードル

トイプードルは動物の美容と一番結び付く犬種かもしれません。

独特のぼんぼんを足やお尻に作る。

ちゃんとしたトリミングは1-2ヶ月に一度できれいになります。

一度奇麗にして戴き、お家では、くしでといていれば、維持可能。

シャンプーも、おうちでできます。ただし、シャンプーが残らないように洗い流し、毛を乾かすという作業も必要です。

これも、毎月1度シャンプー付きのトリミングをして戴けば十分に奇麗に維持できるのです。

ひとは、毎月、美容院に何回行くのでしょう。旦那さんは回数少ないかもしれませんが。

それらを考えたら、そんなに費用もかからないし、便利なものであり、きれいになったペットを抱っこするのも、お散歩するのも気持ちのいいものです。

動物の美容について

犬種により、トリミングが必要な種類があります。お家ですることも可能。

カットはプロがするようにはいかない場合が多いと思います。

しかし、グルーミングは、お家でもできます。

月に一回のグルーミングだと、一時間以上かかるかもしれません。

毎日、櫛を通していたら、数分で済んじゃいます。

毎日、撫でるように、ついでに、毛並みを整えてあげる。これだけでいいのです。