アニマルクリニックおかもと

ペットを専門とする動物病院です

TEL.011-699-2129

〒006-0852 北海道札幌市手稲区星置2条4丁目7番38号

治療

りんごが命取りになることも

りんごが凶器に変わることがあります。

実際にあった事です

飼い主さんがリンゴを食べていて、落としてしまった。

下でミニダックスが食べているところを見ていた。目の前にリンゴが落ちてきた。

これ幸いと、くわえて逃げた。

採り上げられる前に、かまずに呑んでしまった。

そこから、そのワンちゃんの苦悩が始まる。

食道と胃の入口の所にぴったりとはまってしまった。

内視鏡 食道内のりんご 内視鏡画像

レントゲン バリウム造影で食道から先にバリウムが流れていない。何かつまっているレントゲン写真

 

そのため、唾液は本来飲み込んで胃に入るはずだが、食道内に溜まっていく。

その内、吐いてしまう。この嘔吐を何時間も続けていた。午前中に飲み込んで夕方までに6回吐いた。

食道内では、リンゴは消化されることもなくそのまま居続ける。

ワンちゃんが段々ぐったりしてきて、来院。

次の日まで様子見てたら、死んでいたかも。

レントゲンではリンゴは写らないがバリウムを飲ませて、詰まっているのを確認。
とにかく早く取り除かないといけないので緊急処置。

内視鏡でリンゴを取り除く処置をすることに。

ただ、リンゴは崩れやすいので取り除くにはこつがいる。

無事、リンゴを取り除いて、本人はすっきりした様子。

たかがりんごとたかをくくっていると、大変なことになります。

 

ペットが不安なとき

ジルケーン

ペットが不安な時ってどんなとき?

かみなり  除雪の音  屋根の雪が滑る音  花火

普段聞き慣れない音がするときだったり、体調不良で起きているときもあります。

新しい動物が増えたけど、関係がうまくいかないときなど

チェックリストを見てください

そんなときに、つかえるサプリメントがあります。

詳しくはお尋ねください

ジルケーン ジルケーンimg20160414_0004

その症状認知症かも

シェア

こんな、症状ないですか?

がんこになる

徘徊する

大きな声で鳴く

 

こんな症状がで始めたら、認知症かもしれません。

現在の治療では完治させることは難しい。

 

問題点

真夜中に徘徊、夜鳴きをする。そのため、家族は寝不足になる。

 

治す治療は難しいですが、面倒をみている家族が、介護しやすくするための、精神安定剤、睡眠導入剤などがもちいられます。

お悩みの場合、近くの動物病院、かかりつけに相談してみてください。

きっと解決方法が見つかります。

シェア

かかりつけのどうぶつ病院の年末年始のお休みを確認しましたか?

かかりつけのどうぶつ病院の定休日と、臨時休診を確認しておきましょう。

特に、年末年始のお休みは重要です。

診察できない日にどうするか

自分の休みの日でも診てもらえるどうぶつ病院を紹介してくれる場合もありますので先ずはお尋ねください。

地域によって、夜間の救急担当病院が存在いたします。その情報もどうぶつ病院で確認できます。

札幌の場合 札幌夜間動物病院 札幌市中央区南2条西7丁目第三サントービル二階

電話 011-281-1299

花火の音におびえてませんか?

シェア

いまの時期、あちこちで、打ち上げ花火行われております。

この音に、おびえて、パニックになるワンちゃんが、少なくありません。

ぜひ、かかりつけに相談して下さい。

たった一晩のことだから、おびえても良いわけはありません。

いつ、何時に行われるかわかっているので、あらかじめ、準備ができます。

安定剤を処方していただき、動物の精神衛生にも配慮してあげて下さい。

雷は、天気を読みながら、あらかじめ処方しておいていただければ、これも、対処可能となります。

たかが一晩ですが、その恐怖はその動物にしかわからないのです。

シェア

 

当院が広告をやめたわけ

現在、当院は、獣医師一人、サポートする看護師3名で運営しております。

この体制で、一日に診察できる軒数はかぎられます。

中途半端なことはしたくない、可能な限り、お話しを聴き、問題点を見つけ出すという方針です。

予約診療を導入しておりますが、病状により、どうしても、予定通りにいきません。

現在の状況では、広告を出して、新規の患者さんを増やすことは、わたしの診療体制にはそぐわないので、広告媒体の広告はしておりません。

しかしながら、診療に時間がかかってしまう場合があり、その時には、次の患者さん以降の予約の方々に御迷惑をおかけすることになります。

御理解戴きたいのは、少しでも早く治してあげたいということで、挑んでいると言うこと。

獣医師をもう一人雇えば、診療軒数は倍にできるのですが、私の100%コビーにはなれない。その場合、患者さんに迷惑をかけると思い現在まで一人での診療をしてきました。

わたしもいつの間にか、若いとは言えない年齢になっておりました。

今後は後継者を育てつつ、私の理想とする診療体系を維持したいと考えております。

たくさんの動物を救いたいという気持ちはあるのですが、現在、診察させて戴いている動物が優先されるのは当然と思っております。

新しい救いを求めてくる患者さんを断ることはしませんが、あえて、宣伝して集めることはしない方針で今後ともおこなっていく所存です。

春のおさんぽの注意点

普段、お家の中で生活しているワンちゃんの場合、注意点があります。
この時期、アスファルトが急激に熱くなっています。
冬の間、お散歩を控えていたりしている場合は、足の裏が、十分に対応できません。
低温火傷してしまいます。
とくに、昼間、正午から午後3時くらいまでは、かなり熱くなっていると思います。
私達人は靴を履いているので、熱さがわかりませんが、わんちゃんは直接、触れてますので、要注意です。

御自分で実際に裸足で歩いてみれば良いのですが、かなり熱くなっております。
朝に散歩、もしくは、夕方、アスファルトの温度が下がってから散歩するという配慮が必要です。

公園まで歩かせずに連れて行って、芝生の上だけ歩かせるなら、熱さは問題ないのですが。

ぜひ、ペットの立場になって、お散歩してあげて下さい。

飼主の、自己満足にならないように。

ハムスターの上顎の歯が大変なことに

ジャンガリアンハムスターの歯が、こんな事になるんです。

飼い主さんが気付いたのはこの診察の前日。

左の上顎の前歯がくるりと回ってます。この見えている歯は頬を突き抜けております。

切ると360度回ってました。

反対の歯は上顎に刺さり、鼻腔内に刺入していました。

下の歯は正常な長さ。

日頃から観察していただければ避けられるはずです。

歯の角度によっては歯先が脳にいくこともあり得ます。

ジャンガリアンハムスターの歯2010231_20140316DSCN4609

花粉症

花粉が飛びかい始めて、人々が苦しみ始める時期に、犬においても花粉症と思われる症状が出る動物が出てきました。

鼻水、涙目に加え、元々アレルギーを持っている動物の皮膚症状が悪化するなど。

怪しいなと思われる場合には、早めに受診してください。

人の場合も苦しいですが、動物も同じく苦しいのです。

猫のトイレについて

猫が一番好む、トイレの砂の材質は粘土系の細かい顆粒状の物という論文があるようです。
屋根付きがいいか、ない方が良いのかについては、どちらとも言えないようで、猫自身の好みとのこと。

トイレのサイズは、小さい物よりも、大きいものの方が良い。

トイレが原因で特発性膀胱炎というのが起こることがあります。

ストレスが原因でも同じです。トイレが汚れているストレス、トイレが気に入らないストレス、トイレの材質が気にくわないなども十分に考えられます。

時々トイレの失敗があるという場合、もしかすると、病気の前兆かもしれません。

ぜひ、動物病院で御相談を。