アニマルクリニックおかもと

ペットを専門とする動物病院です

TEL.011-699-2129

〒006-0852 北海道札幌市手稲区星置2条4丁目7番38号

病気

犬用の薬投与便利なもの

ピルポケットは、とても好まれる香りと味。
嗜好性はとても良いです。

大方の犬に受け入れられると思います。

粉薬も穴にうまく入れられれば投与可能ですが、あまり粉薬が多いと一つでは無理かも。カプセルに入れてそれを包み込んでしまう必要があります。

連休中の注意

連休中の注意。
ついつい色々与えて仕舞いがち。
串の肉だけ与えるつもりが、竹串ごと飲み込んじゃったり、鳥の骨を食べたり、普段もらわないものをもらって下痢したり。
休んでいる動物病院も少なくないので、御注意を。
札幌の場合は、夜の急患は札幌夜間動物病院が年中無休で診療していますので、そちらにかかることが出来ます。
かかりつけの動物病院の診療日と時間を再確認しましょう。
s-DSCN5280

ペットが不安なとき

ジルケーン

ペットが不安な時ってどんなとき?

かみなり  除雪の音  屋根の雪が滑る音  花火

普段聞き慣れない音がするときだったり、体調不良で起きているときもあります。

新しい動物が増えたけど、関係がうまくいかないときなど

チェックリストを見てください

そんなときに、つかえるサプリメントがあります。

詳しくはお尋ねください

ジルケーン ジルケーンimg20160414_0004

健康診断は必要

健康診断受けてますか?

わんにゃんドック検診・・などの名称で行っております。

麻酔かけて内視鏡までするというものや

麻酔せずに済む範囲の検査をすべてやるなど

検診する側は何故か、「なんか見つけて早期発見を」と思っちゃうんだけど、何にも見つからないがいいに決まってる。

冬は比較的病院がすいている。診察をすぐに受けられやすいというメリットがある時期。

春に向けて健康診断受けましょう

特に、8才を超えた動物は高齢期に入っていく、いろいろな兆候を早めに見つけられる時期です。

早期発見早期治療が、重要です

DSCN4040

大袋のペットフードは危険かもしれません

当院で、何度も経験している症例です。

大きな袋のフードのほうが、小袋よりも割安になります。

二週間くらいで食べきれる袋サイズがベストです。

なぜか・・・・

ドライフードは、酸化しますし、環境によっては、カビが生えます。

このカビが、カビ毒をつくり、肝臓疾患を招くケースを何度も経験しております。

カビの種類によっては発癌性がある物もあります。

大袋を購入した場合、二週間で食べきれる量に分けて、脱酸素剤をいれて、冷蔵保存をすれば良いのですが、そのコストは、小袋を購入するよりも高いのです。

定期検査で、体調が悪くなる前に見つかるといいのですが、そうじゃない場合は、体調を崩して来院します。既にかなり悪くなっていて、残念ながら、助からない動物も出ております。

普段食べるもの、気をつける必要があります。

ヒューマンアニマルボンドが人と動物にもたらす物

ヒューマンアニマルボンドが人と動物にもたらす物
研究論文があり、その中で示された事実です。

ペットが人に及ぼす影響印刷用_ページ_14

高齢な方ほど動物とふれあう、動物と暮らすのが重要です
自分が先に逝くから飼えないとは思わないでください。
つぎに飼育してくれる飼い主さんを見つける努力をいたします。
ぜひ御相談ください
#ヒューマンアニマルボンド

キノコのシーズンですね

公園の芝生にキノコが生えてたりします。
お散歩中に、ワンちゃんが食べちゃったりします。

絶対に食べさせちゃダメ。

当院で、近隣の公園でキノコを食べたワンちゃんが、ひどい肝機能不全を起こしました。
飼い主さんには、助けられないかもしれないと宣告。

入院点滴で、強肝剤をつかい、利尿を図り、毒素を排泄。
何とか一命をとりとめることができました。

原因がキノコとすぐにわかったわけではありません。お散歩とか、いろいろ、お話を聞いて、たどり着いたのでした。ワンちゃんはとてもおいしそうに食べてたそうです。毒があれば犬は食べないと飼い主さんは思っていたそうです。

その数日後、同じところをお散歩していたワンちゃんが同じ状態で来院。
原因は同じでした。

公園管理者に言うのがいいんでしょうけど、それだけではだめ。飼い主さんたちに、知ってもらわねば。
怪しいのも、怪しくないのもキノコは品種を自信をもって特定できないものは食べちゃダメです。
どうしても食べたいときは、生えているところの写真を撮って、現物をもって、近くの保健所に行きましょう。
食べれるかどうか教えてもらえます。

秋の味覚ですが、とても怖いものもありますのでご注意を。

散歩中に広い食いはさせないで。 悪意を持った何者かが、毒を仕込んだものをばらまいてる可能性もあります。そんなことないと思っていましたが、市内で、そうゆう事態が起きたこともあります。

お気を付けください。

マダニ 恐い しかし駆除・予防ができます。

シェア

マダニの動画を作成しました。
吸血しているのを犬から取り除いたものです。

まだ、吸血し始めて、1日目くらい。

これが48時間吸血すると、唾液中の病原体も寄生した相手に抽入されます。

恐い病気が幾つもあるんです。

つかないように予防する手だてがあります。

動物病院専売の、背中にたらすタイプの駆虫薬など。
ホームセンターで首輪をみかけますが、動物病院で取り扱いが出来る薬剤より効力はすくないです。

つけていてもダニが着いてしまう例をみております。

まずは、動物病院に御相談を。

北海道札幌市手稲区星置2条4丁目7番38号

アニマルクリニックおかもと

シェア