アニマルクリニックおかもと

ペットを専門とする動物病院です

TEL.011-699-2129

〒006-0852 北海道札幌市手稲区星置2条4丁目7番38号

未分類

犬用の薬投与便利なもの

ピルポケットは、とても好まれる香りと味。
嗜好性はとても良いです。

大方の犬に受け入れられると思います。

粉薬も穴にうまく入れられれば投与可能ですが、あまり粉薬が多いと一つでは無理かも。カプセルに入れてそれを包み込んでしまう必要があります。

ダイエットの専門家が居ます

当院にはペットのダイエットのスペシャリストがいます。

昨年、フードメーカーのダイエットのコンテストでトップに輝きました。

コンセプトは無理なくダイエットをこまめにお伝えすること。

特別な費用はかかりません。

場合によっては専門食が必要になります。

総合的に、健康にダイエットをしてもらって、結果を出しています。

まずは、ご相談下さい。

じょうずな動物病院利用法

爪切りなど普段から、診察以外でなにかとこられると、体調不良を早期発見できていると思います。

身体になんかできてるんだけど・・・と、耳掃除のついでに聞かれて、普段、体に何かできていると言うことで来院されると、診察料をいただくことになりますが、みみそうじのついでだと、ついつい、耳掃除の料金、爪切りなら爪切りの料金だけで済ませてしまうことが多いです。

そんななかで、毎月来られている方で、前回の爪切りの後1週間目くらいから何か出来物ができている。

4週目で少し大きくなっていると言うことで、ますいをかけて、切り取りました。

念のために、検査に出したら、腫瘍。うまく、全て切り取れていたので、それで治療終了。

場所によっては、物によっては,抗がん剤など必要になることも有り得ます。

普段から、かかりつけをつくって、あまりお金のかからないことで、診察を受けていると、いいこともあるんです。

動物と飼主の幸せのために アニマルクリニックおかもと

往診について

初めて見る動物については、血液検査等々、検査が必要になります。

どこがどう悪いのか、表面を見、身体を触り、聴診をしてわかることも少なくないですが、残念ながらわからないことも多いのです。

往診に行っても、結局、病院に連れ帰り、検査をする必要が出てきます。

診断が確定して,治療が決定され、それが自宅でも可能な場合には往診による治療が可能になります。

通院が良いのか、往診が良いのか、動物にとっても一番良い方法を選ぶ必要があると思います。

 

動物と飼主の幸せのために アニマルクリニックおかもと

珍しい動物の飼育

珍しい植物を育てたい、変わったペットを飼ってみたいという欲望はあると思います。

珍しい動物の場合、いざ病気になったとき、治療がうまくできなかったり、治療をしてもらえる施設がなかったりします。

最近では、爬虫類を専門に見てくれる動物病院、小鳥の専門の動物病院など出てきておりますが、その辺りの所も覚悟して飼育する必要があると思います。

お散歩できをつけること  除草剤

草が生えている場所で、不自然に枯れているところは
除草剤が撒かれている可能性があります。
たいがいの除草剤は少量でも腎臓毒性が強く、白い粉をなめてしまうと、助けることができないことがあります。
除草剤が撒かれているだろうところは、絶対に近寄らないで。

犬を繁殖して販売するには

地域によって違うでしょうが、行政に届出と認可が必要になります。動物を販売できる認可。 犬の場合、血統書というのがでてきます。 現在いくつかの民間団体が血統書を発行しています。 有名処では、ジャパンケンネルクラブ。 繁殖するには、上記の団体の犬舎号を取得し、種雄登録をしなければなりません。また、繁殖するときには、交尾をしたという証明が必要になります。これらの基本的な登録だけで、結構な費用がかかります。 これらをそろえて、さらに、繁殖した犬を仕入れてくれるショップとのけいやくなどなど、以前に比べ、ハードルが高くなっております。そのため、繁殖をやめてしまった、小規模な繁殖もとが無くなりました。 ほんとうに、健康で、どこに出しても大丈夫という犬を生産する繁殖もとが健全に事業展開できるといいのですが。

わたしも繁殖したいという方、御指南させていただきます。 お問い合わせ下さい。ただし、儲かると思わないで。 子犬を増やして、その子たちにより癒される人を増やす為に行っていると割り切れる方に限らせて戴きます。

終生飼育について

動物飼育をするにあたって、その動物の最期を看取るのが飼主の義務です。 動物を飼育できる権利を持っているのは確か。 権利を主張するときには義務が付いてきます。 義務を遂行することで、権利を主張できる。

これらを承知の上で、動物を飼育して欲しい。 大型犬を飼ってしまい、年を取って、動けなくなり、動物管理センターに引き渡して処分する。一見、終生飼育ですが、修正し行くとは言いがたい。 可能ならば息のとぎれるぎりぎりまで付き添って居てこそ終生飼育ではないかと。 大きくない小型犬だったら、もしかしたら最期まで看取れたのかも。 飼育を始める前に、できれば、その子が死ぬまでを予想して欲しい。 死ぬのを前提に飼育を開始するなんておかしな話ですが。

トイプードルのすすめ

ワイヤーヘアードフォックステリア、テリアの雑種、雑種犬、ボクサー、シーズー、ウエルシュコギーと、いろいろ飼育してきて、さらに、いろいろな犬種を診察しての結論。
トイプードルは飼育しやすい、換毛で毛だらけになることがない。
繁殖も容易。繁殖については、ワイヤーヘアードフォックステリアで苦労しました。六頭産まれてもなぜか1週間以内に次々と死んでいく。原因がわからない。何度繁殖しても。さらに、離乳が難しい。うまくいかないと下痢して衰弱。
私が物心ついたころから動物が私の周りに居ました。こんなことなかった。
初めて飼育した血統書のある純血種。純血種ってこんなものなのかと思ってました。
トイプードルを繁殖し始めてから、あまりにすんなりいきすぎて、こんなにうまくいっていいのか。
犬は安産と思われていますが、意外とそうでもない。
しかし、トイプードルはそうではない。
ただし、最近流行のティーカッププードルと称している小さ過ぎるものは別物です。無理があるのもはやはりどこかで何かが起こる。
普通がいちばん。

成書には、トイプードルは換毛しない、伸び続ける とあるが、

小さな毛玉で抜け落ちる。

毎日ブラッシングしていると、まいにち毛が抜ける。

ただ、抜け落ちにくいだけ。

でも、床が毛だらけになったりしないので、室内犬にはとてもよい。